伝説の店長が教える仕事で出世する靴
リーガルシューズ岡崎店

伝説の店長のブログを始めるにあたって

おすすめ記事


こんにちは!
リーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

 

はじめましての方は「はじめまして!」

 

今日からこちらに
ブログを移転してきました。

 

昨日までのブログは

こちらから見ることができます。

 

のべ5万人以上!お客様関係指数全国1位のリーガル店長が伝えます
尾崎 正紀さんのブログです。最近の記事は「秋冬を意識した新作リーガルが入荷してきています。(画像あり)」です。

 

 

今回、ブログを移転するにあたって
いろいろなことを考えてきました。

 

まずは

「タイトルの話」

をしたいと思います。

 

タイトルにある

 

「顧客関係指数10年連続1位」

 

って何?と思われた方も
いらっしゃると思います。

 

実はこれはかなりの偉業なんです。

 

お客様のリピート率とか
常連化率とか

 

いくつかの指標を数字にして
全国集計が毎年出されていました。

 

それが

「顧客関係指数(RFM)」

というものです。

 

今は非公表になっていますが

 

集計を始めてから10年間もの間
リーガルシューズ岡崎店が

顧客関係指数全国1位でした。

 

 

 

つまり

 

リーガルの専門店の中で

全国で一番お客様との関係を
濃厚に築いてきたお店

ということなんです。

 

では、「伝説の店長」って誰?

 

これは私のことです(笑)

 

10年連続で1位ということでも
伝説性がありますが

 

実は私は

「リーガルで唯一の男」

なのです。

 

少々長くなりますが
書いてみますね。

 

 

 


 

私は1988年に
今のリーガルコーポレーションの
前身である「日本製靴株式会社」
に入社しました。

 

当時はバブルの終わりごろで

 

決して
大学の成績が良くなかった私でも
複数の就職先があった時代でした。

 

日本製靴株式会社
(ややこしいのでリーガルで統一します)
へ面接に行ったのは

 

「会社から何度も
電話がかかってきたんだけど
かわいそうだから行ってこいと
親に言われたから」

というものです。

 

(もちろん、面接の場では

そんなことはおくびにも

出しませんでしたが)

 

 

もともとリーガルは
第一志望でもなかったのですが
度胸試しのつもりで行きました。

 

 

そして理系の工学部学生だった私は
役員面接の際に営業を希望しました。

 

度胸試しなのでなんでも言えます。

 

当時の専務から

「君は理系なのに
なぜ営業職を希望なんだい?」

と聞かれて

 

「これからの時代は
工学部だから工場ではなく
営業にも理系的センスが
求められると思います」

 

(今考えたら
ものすごく偉そうですね)

 

というようなことを言ったら
大いに喜ばれて
即内定が出ました。

 

…まだまだバブルの時代でした。

 

今となっては営業もIT知識は必須

それが普通のこと
かもしれませんが

 

その考えは
当時にほとんどなかった発想
でした。

 

 

そのまますぐに
「フランチャイズ本部」というところに
配属になりました。

 

全国のリーガルの専門店
「リーガルシューズ」を束ねる部署です。

 

そこで8年間
「スーパーバイザー」という
店舗管理の仕事をしていました。

 

 

 

 

ある時

 

赤字で撤退したいという
ある関東のFCオーナーさんの話を受けて

 

私は上司を通じて役員に

「好立地のお店なので
そのお店は絶対に閉めるべきではない」

と主張しました。

 

そうしたら役員会から

「そこまで言うならば
君が店長をやって建て直しなさい」

と言われ

 

直営店として

そのお店を買うことが決まりました。

 

(撤退するFC店を
直営店として買い上げるのは
その時が初めてでした)

 

正直ガビーンです。

 

これまで
まともに接客をしたことがない私が

 

いきなり全国ベスト10級のお店の
店長をやれってなんて無理ゲー?

とは思いましたが

 

直営店部門から
優秀なスタッフをつけてもらって
一からスタートするつもりで
はじめました。

 

 

私は1年半で
店長としてそのお店の売上を
1.5倍にして黒字化しました。

 

正直言って
それもスタッフに助けられて
なんですけどね。

 

 

 

 

その後、出向から呼び戻され
元のフランチャイズ本部へ戻って
数年たってから

 

今度は岡崎店のオーナーさんが
「後継者がいない」という理由で
店を閉めたいと言ってきました。

 

 

その際に紆余曲折がありましたが
(長くなるので別の機会に)

 

最終的に

私がオーナーとして
岡崎店の経営をすることになり

 

リーガル本社を円満退社をして
岡崎にやってきました。

 

 

それから18年
リーガルシューズ岡崎店の
経営を続けて今に至る
という感じです。

 

 

そうなんです。

 

私はリーガルフランチャイズに
関わるものとして

 

「店長」
「本部スーパーバイザー」
「オーナー」

 

の3つをすべて経験している
「世界で唯一の男」

なのです。

 

そういう意味では
「伝説の店長」と名乗っても
問題はないですよね?(笑)

 

 

今、小売業は大変です。
さらにその中でも
ファッション産業は
大変なことになっています。

 

でも私は

社会のためにも
簡単にリーガルのお店を
潰しちゃいけない

と思っています。

 

なぜなら
リーガルは

 

日本人150年の
足と靴の歴史を
最初から見続けている会社

 

でもあるからです。

 

 

私たちリーガルシューズ岡崎店は

 

私たちを信じて
お店に来てくれるお客様のために
何ができるか

 

お客様の望むことを
どうやって形にするか

 

私たちの靴を
買っていただけるお客様の
幸せのために何ができるか

 

 

そんなことを考えつつ
日々を過ごしています。

 

このブログは
そんな私たちの思いが詰まった
ブログなのです。

 


 

長くなりましたが
これがこのブログのスタートライン
です。

 

これからも
伝説の店長のブログを
お楽しみくださいね

 

 

TED尾崎

リーガルシューズ 岡崎店

住所 愛知県岡崎市本町通1-10
mapを見る
営業時間 午前10:00〜午後7:30
定休日 水曜日
HP moonlight-regal.com

コメントを残す

           

リーガルシューズ岡崎店
伝説の店長

                               
名前尾崎 正紀
住まい愛知県

Profile

リーガルシューズのFC本部という部署で スーパーバイザーという店舗管理を14年行う。 赤字で撤退するお店を黒字化などの功績を残す。

ある時、後継者がいないという理由で 岡崎店を閉めたいという話があり 紆余曲折の後、私がオーナーになる事を決意し、 リーガル本社を退社。

岡崎店では、 顧客関係指数10年連続1位を獲得し 伝説の店長になる

詳しく読む
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss