伝説の店長が教える仕事で出世する靴
リーガルシューズ岡崎店

あなたは環境に配慮した生き方ですか?と返したい

おすすめ記事


はい!こんにちは!

TED尾崎です。

 

モデルさんというのは

良くも悪くも

独特の感性をお持ちのようです。

 

私はあまり芸能界に

詳しくないのですが

それなりに有名な方なんでしょう

 

 

買い物をする際

店員に

「環境に配慮した商品ですか」

と尋ねることで

店側の意識も変わっていく

 

まあ、なんというか

別に間違ってはいないけど

ちょっと「ん?」と

思ってしまうのです。

 

そもそもが素材から

環境に配慮した商品かどうかが

わからないし

 

環境に配慮するという定義も

明確でないわけで

 

例えば

店に商品が並んでいること自体が

化石燃料を使って運び込んでいる

わけで

 

自動車だって家電だって

金属とプラスチックの製造で

どれだけ環境に負荷をかけているか

 

国内で外食すると

お高めの値段のレストランは

違うかもしれないけど

 

農薬や抗生物質まみれの

肉や野菜を食べているわけです。

 

 

それらの製造過程で

環境負荷0というわけには

いかないんですよ。

 

世の中のあらゆる商品は

環境に負荷をかけているから

完成するんです。

 

一店員ごときに

そこまで考えて仕入れはできません。

 

 

それと

ドイツ系の人ということなので

日本語が若干不自由な方

だからかもしれませんが

 

「店員」という言い方は

相手を下に見ている言い方で

「店員さん」または「店員の方」

くらいの言い方をすると

印象も変わってきます。

 

多分見知らぬ人から

「トラウデン」と呼ばれると

この人も怒ると思うのですよ。

 

それと同じことではないかと。

 

そのままだと

無知な店員に私が教えてあげる

くらいの不遜な印象を与えます

(この方がそうだとはいいませんが)

 

 

 

靴についてもですね

 

正直、革の製造過程(なめし工程)

でまあまあ大きめの

環境負荷がかかっています。

 

現実には自然に配慮した天然革なんて

存在しないんですよ。

 

じゃあ、人工皮革がいいかというと

それだって化石燃料を

たっぷりつかっています。

 

モデルとして着る服にも靴にも

すべて環境負荷がかかっています。

 

そもそもモデルさんというのは

同じ服を何年も着る職業じゃない

と思うのでそれだけで人並み以上に

環境破壊しているんです。

 

低減することはできるかもしれませんが

0にはできないんですよ。

 

だからと言って努力しない言い訳には

できませんので、

意識はすべきというのは賛同できますが

 

0にはできない以上

感謝して生きていくしかないんです。

 

 

暖かい服を着て

エアコンの効いた

暖かい環境の中で仕事して

美味しいものを食べて

暖かい布団で寝る

 

これらすべてが

環境やほかの動物の

犠牲の上に成り立って

成立していることを

忘れちゃいけないんです。

 

だから人に問う前に

そうやって

自分が生かされていることに

感謝すべきなんです。

 

感謝さえあれば

無駄なことはしないし

自分自身の生活を気を付ける

ことができます。

 

と、ここまで書いて

 

ああそうか

他人の意識を変えることを前提に

話をしていることに

違和感を感じていたんだ

 

と気が付きました。

 

 

当店は

 

靴に感謝し

その元となった動物(牛や馬)に

感謝するお店でありたい

 

それこそが

環境に配慮する

生き方の原点だと

思っています。

 

では、また明日!

 

TED

 

 

 

リーガルシューズ 岡崎店

住所 愛知県岡崎市本町通1-10
mapを見る
営業時間 午前10:00〜午後7:30
定休日 水曜日
HP moonlight-regal.com

この記事へのコメント

  1. くっく君 より:

    やたらと「サスティナブル」押しの世の中に飽き飽きしてます。変なマイノリティ団体が騒いでいるだけのような気がしてなりません。声を上げることが余計に対立を産んでいるような・・・割りばしがダメになって、でもコロナ禍だとこちらの方が衛生的にも良かったり、エコバッグもそうなんですが。恵方巻やクリスマスケーキの作り過ぎや、リーガルの売れていないブランド達を削った方が金銭的にも在庫的にもエコなような気がします。今更ルコックなんて?大丈夫か?

    1. moonlight0142 より:

      こんにちは、世の中何が正しくて何が間違っているのか、混とんとしてよくわからなくなってきていますね。でもみんな正解探しをしていて、そのなかで声の大きい人が正解としてクローズアップされるみたいな感じで。言い切ったもの勝ちな気がします。
      リーガル本社さんのことはよくわかりません。いろいろ考えてはいるのでしょうけど。当店は当店のお客様が必要とするものを厳選して扱うしかないかなあと考えています。

コメントを残す

           

リーガルシューズ岡崎店
伝説の店長

                               
名前尾崎 正紀
住まい愛知県

Profile

リーガルシューズのFC本部という部署で スーパーバイザーという店舗管理を14年行う。 赤字で撤退するお店を黒字化などの功績を残す。

ある時、後継者がいないという理由で 岡崎店を閉めたいという話があり 紆余曲折の後、私がオーナーになる事を決意し、 リーガル本社を退社。

岡崎店では、 顧客関係指数10年連続1位を獲得し 伝説の店長になる

詳しく読む
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss