伝説の店長が教える仕事で出世する靴
リーガルシューズ岡崎店

音楽の本当の良さは記憶とともにあること

おすすめ記事


はい!こんにちは!

TED尾崎です。

 

 

岡崎ジャズストリートが

例年より縮小されているとはいえ

2週間後の11月6~7日に開催されます。

 

私達も小さいながらも

公式パンフレットに

広告を入れております。

 

 

私は音楽は

ジャズもロックもクラシックも

聞きますので

音楽で街を満たす

ということは大好きです。

 

音楽というのは

風景や記憶と結びつきやすく

曲を聞くだけで

記憶の引き出しを開ける役割

を持っていたりします。

 

僕の中ではジャズといえば

(ある意味クラシックとも言えるのですが)

ジョージ・ガーシュウィンの

「ラプソディー・イン・ブルー」

が好きで

 

この曲はよくUnited航空のCMに

使われていて

 

そしてUnitedは安くて

マイルが有利なので

よく使っていたせいか

 

この曲を聞くだけで

アメリカの風景が

思い浮かんできます。

 

同様に

 

ブルーハーツの青空を聞けば

サラリーマン時代のことを

思い出すし

 

ウィンダム・ヒルを聞けば

冬の北海道を思い出します。

 

恐らくみんな

そうなんじゃないかな。

 

大切な曲というのは

聞けばすぐに思い出される人や風景が

あるのではないかなと。

 

「曲に浸る」というのは

そういうことではないかと

思うのですね。

 

 

「ジャズの街」岡崎で

普通にジャズが流れていて

それが誰かの幸せな思い出に

結びついたら

 

きっと「良い街」になるんだろうな

などと思うのです。

 

戦略的に

岡崎を代表するジャズの曲を決めて

その曲を繰り返し流すというのは

有効だと思いますよ!

 

あの曲を聞いたら岡崎を思い出す

みたいなね。

 

 

そんなことを言っている私も

普段はリーガルのお店では

AOR中心に流しているんですけど…

 

厳選屋ではジャズを流す予定です。

 

では、また明日!

 

TED

リーガルシューズ 岡崎店

住所 愛知県岡崎市本町通1-10
mapを見る
営業時間 午前10:00〜午後7:30
定休日 水曜日
HP moonlight-regal.com

コメントを残す

           

リーガルシューズ岡崎店
伝説の店長

                               
名前尾崎 正紀
住まい愛知県

Profile

リーガルシューズのFC本部という部署で スーパーバイザーという店舗管理を14年行う。 赤字で撤退するお店を黒字化などの功績を残す。

ある時、後継者がいないという理由で 岡崎店を閉めたいという話があり 紆余曲折の後、私がオーナーになる事を決意し、 リーガル本社を退社。

岡崎店では、 顧客関係指数10年連続1位を獲得し 伝説の店長になる

詳しく読む
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss