伝説の店長が教える仕事で出世する靴
リーガルシューズ岡崎店

泥酔は何があってもあきまへん

ちょいモテ


はい!こんにちは!

TED尾崎です。

 

最近、酔って記憶を失って

気がついたら血だらけで路上で倒れていた

という人の話を立て続けに聞きました。

 

一人は救急搬送で

一人は家族に迎えに来てもらった

ということで

どちらも命に別条はないのですが

 

それでも

血を流して路上に倒れている

というのはただごとならぬことなので

本当にお酒には気をつけて欲しいものです。

 

 

今月ならまだ良いですが

来月なら気温によっては

凍死の可能性もあるわけで

 

死んでしまったらしゃれになりません。

 

 

 

12月末オープンの厳選屋では

お酒の提供をする予定ですが

当分は夜間営業をしません。

 

昼間は美味いノンアルコールビールか

岡崎の地ビールと限定された酒を用意

するつもりです。

 

いずれ夜間は

会員の方のみの営業とする

構想を考えています。

 

 

「誰が何をどれだけ飲んでも

売上になればかまわないだろう?」

というのは

商売としては正しいとは思うのですが

 

その結果「これ以上飲んだら不幸になる」

というのが

予見できるのならば

止めるのも勇気だと思います。

 

 

ただ、一部の酔っぱらいの特性として

「怒る」「暴れる」という方が

いらっしゃるので

 

腕っぷしに自信のない私としては

取り押さえることができないので

 

身元の分かる方しか

夜間はお酒を出せないなあ

と考えています。

 

世の中のお酒を出すお店は

大変だなあと思うのは

そこなんですね。

 

だからこそ「お酒で稼ぐ」

ということなんでしょうけど。

(飲食店は食べ物よりも

お酒のほうがずっと粗利が良い)

 

 

どうも私達はあまちゃんというか

 

リーガルシューズ岡崎店の方針として

「足に合わない靴は売らない」

と決めているので

 

「お客様に合うサイズが無い時に

上のサイズを売らない」

と決めております。

 

よく、「大きめくらいでも

大丈夫ですよ」などと言って

売ってしまう靴店がありますが

あれは、足に良くないんですよ。

 

 

 

お酒も同様で

「必要以上に飲まさない」

という飲食店があっても

良いのではないかと考えています。

 

これは酒で数々の失敗をした

私の経験を踏まえての話ですけど。

 

適度な飲みは「おしゃれ」であっても

飲み過ぎは「ちょいモテ」ではないので

「ちょいモテ」を標榜するお店としては

その考え方で行こうと思っています。

 

長々書きましたが

結論は「飲み過ぎは誰であってもダメ」

ということでした。

 

では、また明日!

 

TED

 

 

 

リーガルシューズ 岡崎店

住所 愛知県岡崎市本町通1-10
mapを見る
営業時間 午前10:00〜午後7:30
定休日 水曜日
HP moonlight-regal.com

コメントを残す

           

リーガルシューズ岡崎店
伝説の店長

                               
名前尾崎 正紀
住まい愛知県

Profile

リーガルシューズのFC本部という部署で スーパーバイザーという店舗管理を14年行う。 赤字で撤退するお店を黒字化などの功績を残す。

ある時、後継者がいないという理由で 岡崎店を閉めたいという話があり 紆余曲折の後、私がオーナーになる事を決意し、 リーガル本社を退社。

岡崎店では、 顧客関係指数10年連続1位を獲得し 伝説の店長になる

詳しく読む
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss