伝説の店長が教える仕事で出世する靴
リーガルシューズ岡崎店

ちょいモテおやじの世界観

おすすめ記事


はい!こんにちは!

TED尾崎です。

 

新卒でリーガルコーポレーション

(当時は日本製靴)に入社したのが

22歳のときですから

リーガルに関わって

もう33年になります。

 

 

その間、最初の14年間は

リーガル本社でスーパーバイザー

をしておりました。

 

北海道から沖縄まで

全国に行かせていただいて

いろいろな体験をさせていただいたり

お話を聞かせていただきました。

 

今となっては貴重な勉強の時期でした。

 

 

既にお亡くなりになられましたが

 

かわいがっていただいた

ある靴店オーナー様は

私が会社を辞めて

リーガルシューズ岡崎店を

始めるときに

 

「やっとこっちの世界に来たね」

 

と言われました。

 

その時、サラリーマンの世界と

経営者の世界は全然違うということに

気が付きました。

 

 

売れても売れなくても

給料が出る世界と

 

売れなければ

どこまで行っても収入が0の世界

 

生き方が変わります。

 

 

とはいえ

「リーガル」というブランドに

守られての独立でしたから

100%自立していると

言えるわけではありません。

 

ここまで「リーガルシューズ岡崎店」

がまがりなりにも存続してこられたのも

「リーガル」ブランドと

それを支えてくださるお客様のおかげ

です。

 

 

そして独立して19年

 

私はリーガルが大好きなので

そのままリーガルの世界観の普及にのみ

尽力をしていくつもりでしたが

 

どうやらそれは私の独りよがりのようで

私が感じ求める世界観が

だんだんずれてきていた

ということに気が付きました。

 

 

だから苦渋の決断ですが

 

リーガルシューズ岡崎店では

リーガル本社の世界観を追求し

 

私はわたしの提案したい世界観を

表現する場を外に求めたのです。

 

両者はとても似ています。

共通点は前向きで上を目指す世界観

です。

 

これは世の中が閉塞し

縮こまっている今こそ

必要とされる世界観だと信じています。

 

今求められているのは

明るく前向きに仕事も日常も取り組んで

他人のために行動することを厭わない人

 

その人の足元にはリーガルがあり

明るさを増すアイテムを身にまとい

心と体に良いものを知っていて

周りを楽しくさせる知識を持っている

 

私はそういう大人の男性こそが

「ちょいモテおやじ」だと

考えています。

 

そういう男性が多くなれば

岡崎はどんどん魅力ある街に

なっていくはずです。

 

 

私が作りたいのはその拠点なのです。

 

岡崎から世界に

ちょいモテおやじを増やしたい

 

これが私の目指す世界観なのです。

 

 

では、また明日!

 

TED

 

リーガルシューズ 岡崎店

住所 愛知県岡崎市本町通1-10
mapを見る
営業時間 午前10:00〜午後7:30
定休日 水曜日
HP moonlight-regal.com

コメントを残す

           

リーガルシューズ岡崎店
伝説の店長

                               
名前尾崎 正紀
住まい愛知県

Profile

リーガルシューズのFC本部という部署で スーパーバイザーという店舗管理を14年行う。 赤字で撤退するお店を黒字化などの功績を残す。

ある時、後継者がいないという理由で 岡崎店を閉めたいという話があり 紆余曲折の後、私がオーナーになる事を決意し、 リーガル本社を退社。

岡崎店では、 顧客関係指数10年連続1位を獲得し 伝説の店長になる

詳しく読む
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss