伝説の店長が教える仕事で出世する靴
リーガルシューズ岡崎店

言葉遣い一つで一瞬にしてイメージが変わった例

おすすめ記事


はい!こんにちは!

TED尾崎です。

 

ツイッターを見ていたら

「吉野家許せない」

ぽっと出てきたので

何だろうなあとみてみたら

 

なるほど

人の持つ印象というのは

一瞬で変わるものですね。

 

「生娘をシャブ漬け戦略」で大炎上! なぜ吉野家の役員は“暴言”を吐いたのか(ITmedia ビジネスオンライン)
 「謝罪で済む問題ではない」「こういう発言がサラッと出てしまうということは、この人も会社も女性をそんな風にとらえているってことだろ!」

例の吉野家の炎上物件について

 

そういうものかもなあと

解説した記事が

掲載されています。

 

 

この発言は1ミリたりとも

擁護できないなあ

 

女性蔑視以前の問題なわけで

上場企業の役員の発言としては

犯罪的で嫌悪感を覚えます。

 

 

 

戦略としては

そりゃあ他の外食系企業も

似たような戦略をやっているわけで

 

マクドナルドの子供重視戦略は

大人になってからもマクドナルドを

利用し続けてもらうためだというのは

昔から有名な話だし

 

記事にもあるように

絶対的な強みのある商品で

顧客を長期的に虜にする戦略は

間違ってはいないはずです。

 

多分講演の内容としては

かなりためになっているもの

だと思うんですよ。

 

それを覚せい剤に例えたのが

問題だっただけで。

 

なんでこんなこと

言っちゃったんだろうなあ。

 

きっと笑いを取ろう

とでも思ったんでしょうね。

 

結果としてスベるどころか

炎上までしてしまいましたが。

 

それくらい強い中毒性を

吉野家の牛丼が持っている

と言いたかったのかもしれません。

 

 

問題発言というものが表に出たときは

文脈をみないと本当に問題かどうか

わからないことが多いのですが

 

冗談でも麻薬に例えるのは

駄目ではあるなあ。

 

 

 

私もいつも

「お店にお客様がまた来る理由」

を考えています。

 

リーガルも厳選屋も

商品としてはかなり良いものを

置いています。

 

だけどいくら良いものを置いても

モノの魅力だけで何度も来店されるほど

甘くはないと考えていて

 

 

だからどちらのお店も

「人が売り物」であり

(と書くと人身売買みたいだけど

全然違いますよ!)

 

スタッフの能力と魅力でまた来る理由

をどう作っていくか

ということばかりを考えています。

 

魅力はそんなにないですけど…

 

だけど吉野家の店舗数と

ビジネスモデルでは

おそらくその戦略を

前面に出すのは無理だから

 

圧倒的な中毒性のある商品を

開発するしかないんですよね。

 

そういう意味では

その発言の言葉は最低ではありますが

講演の中身は

きっとそういうことなんだろうな

と思います。

 

 

 

その常務はクビになったみたいですね。

イメージを重視するBtoC企業としても

かなり早い判断ですが

 

そうとうやり手の常務のようですから

どこかでまた復活するんだろうな。

 

こんなことを書くと

炎上しちゃうかもしれませんが

 

それくらいのやり手のマーケターなら

リーガル本社で採用してもらっても

面白いかなあと思ったり。

 

僕が社長だったら

ダメもとでアプローチするかな。

もっとも、人柄は見ますけどね。

 

私は全くそのお人柄を知りませんが

伊東元常務が心と言葉遣いを入れ替えて

早期に社会復帰をすることを

祈念しております。

 

 

 

 

厳選屋アプリをリリースしています。

私としては

友達1000人できるかな活動中です。

ぜひご登録ください~!

 

今日現在で617人のメンバーです。

(昨日より2人アップ!)

 

 

 

店長ブログ(このブログ)も

こちらから見られますし

会員証も兼ねているので

お買い上げの1%のポイントも付きます。

 

まだの方はこちらからダウンロードして

ご登録くださいね~!↓

 

 

 

 

では、また明日!

TED

 

 

 

 

リーガルシューズ 岡崎店

住所 愛知県岡崎市本町通1-10
mapを見る
営業時間 午前10:00〜午後7:30
定休日 水曜日
HP moonlight-regal.com

コメントを残す

           

リーガルシューズ岡崎店
伝説の店長

                               
名前尾崎 正紀
住まい愛知県

Profile

リーガルシューズのFC本部という部署で スーパーバイザーという店舗管理を14年行う。 赤字で撤退するお店を黒字化などの功績を残す。

ある時、後継者がいないという理由で 岡崎店を閉めたいという話があり 紆余曲折の後、私がオーナーになる事を決意し、 リーガル本社を退社。

岡崎店では、 顧客関係指数10年連続1位を獲得し 伝説の店長になる

詳しく読む
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss