伝説の店長が教える仕事で出世する靴
リーガルシューズ岡崎店

新しい消費の形は絶対的な信頼関係がパスポート

おすすめ記事


はい!こんにちは!

TED尾崎です。

 

某オンラインサロンにて

時々買い物ツアーをいうものを

やっていまして

 

 

参加者がネット上で

店の中を紹介して

その画面から

欲しいものを注文する

 

というもので

 

先日は当店でも実施して

靴を買っていただいたりとか

したわけですが

 

そのあとに

可児市の焼き肉店の

万寿民屋(ますみや)

さんのお買い物ツアーを

やったんですね。

 

前途のようにツアーと言っても

ZOOMで紹介してもらったものを

自宅などで見ながら

「それ買う!」とか言って

後日送ってもらうわけですが

 

なんと万寿民屋さんは

ただいまお持ち帰り半額

キャンペーンをやっていて

 

その値段のままで配送もします

ということなので

(1万円以上お買い上げで)

 

http://yakidokoro-masumiya.com/menu/#tab1

 

 

買いましたよ!

 

そりゃもうみんな

テンション上がりまくりですよ。

 

その日のサロンでは

我先に注文をしたりして

大変な騒ぎでした。

 

まあ

その時でなければ安くならない

というわけでもないので

後から注文しても良かった

わけですが

 

その我先にというタイミングでの

注文するのが面白いわけで

 

私はその時

田原市を運転中だったのですが

自分の番でお肉を注文するときは

路肩に車を止めて注文しましたよ。

 

そうなるともう

ちょっと感覚が

おかしくなっていて

 

2万円近くの注文を

してしまいました。

 

 

その数日前には

うちのお店も多くの方に

「ノリ」で注文をしていただいた

わけですから

 

こっちも

そのお礼ってわけじゃないけど

「同じノリ」で注文するわけです。

 

 

 

考えてみたら

半額で送料つけても

2万円近いということは

 

店で食べたら

3万半ばくらいになるくらいの

大量のお肉を

注文しているんですね。

 

食べきれるかどうかの

レベルです。

 

でもまあ

それでも良いんですよ。

 

 

こういう

オンラインサロン発の

消費というのは

今後確実に増えると

予想されています。

 

つまり

 

グループで仲間内のお店から

注文をし合うというもので

 

そこには

「送料がかかる」

という概念はなく

 

顔見知りだから

知り合いだから

仲間だから

 

という理由で

 

 

それまでに

会っている回数の多さを

品質保障として

 

注文していくのですね。

 

だから値段とか見ない。

 

少なくともスーパーで

吟味をするように

値段を比較しない。

 

なぜなら売る人の

「人柄」が担保されているから。

 

 

信頼されていれば

表面上は

多少高く感じていても

 

それはその値段になる理由が

ちゃんとあるからだろうと

考えてくれるわけで。

 

疑念を抱かないわけです。

 

某オンラインサイトで

毎年のように正月に

おせちがひどかったみたいな

話題が上がりますが

 

顔見知りのグループだと

そんなことは起こりえないんですね。

 

仮に一回でも

そんなことをやったりしたら

もうそのサロン内にはいられなくなる

わけで

 

絶対的な信頼関係を作るか

やめるしかないのです。

 

 

で、おそらく

中小零細小売は

この方向に行くしかない

と思われ

 

どれだけ多くの人と

絶対的信頼関係を築くか

 

 

昔はどんな商品を仕入れるかが

生死の分かれ目になったのですが

 

今はそれは当然のこととなり

 

さらに人としてどうなのか

が問われるのです。

 

昔はお店が「顧客を囲い込む」

なんて言い方をしていましたが

今は顧客が「お店を囲い込む」

ようになってきました。

 

そのためには

「顧客」から一段上げて

「ファン」になってもらわないと

売る側も

立ち行かなくなるわけです。

 

 

さあ、54歳ハゲおやじ

人柄を全面に出して

生き延びます(・ω・)ノ

 

前面に出したら

ヤバいかもしれないけど。

 

では、また明日!

 

TED

リーガルシューズ 岡崎店

住所 愛知県岡崎市本町通1-10
mapを見る
営業時間 午前10:00〜午後7:30
定休日 水曜日
HP moonlight-regal.com

コメントを残す

           

リーガルシューズ岡崎店
伝説の店長

                               
名前尾崎 正紀
住まい愛知県

Profile

リーガルシューズのFC本部という部署で スーパーバイザーという店舗管理を14年行う。 赤字で撤退するお店を黒字化などの功績を残す。

ある時、後継者がいないという理由で 岡崎店を閉めたいという話があり 紆余曲折の後、私がオーナーになる事を決意し、 リーガル本社を退社。

岡崎店では、 顧客関係指数10年連続1位を獲得し 伝説の店長になる

詳しく読む
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss