伝説の店長が教える仕事で出世する靴
リーガルシューズ岡崎店

靴はいざというときは防具でもあるのです。

おすすめ記事


はい!こんにちは!

TED尾崎です。

 

5月から6月は

「地震に気をつけろ月間」

なんだそうです。

 

 

そういう話を聞きました。

 

基本科学的には地震予知は

立証されていませんので

いわゆるこの手の話は

オカルトの領域を

抜け出してはいませんが

 

「言われたら素直に聞く」

をモットーに

今年は生きておりますので

 

せめて水と簡単な食料と

ソーラー充電器と

簡易トイレくらいは

持っておこうと

購入したのが先月で

 

 

まあ、これは6月までに

地震が来ても来なくても

いずれ必要なものなので

良い機会として購入した

わけですが

 

今のところ活躍する機会もなく

待機中という感じです。

 

「こういうのは買ったは良いけど

使わない方が良いもの」という

稀有な例が防災用品ですので

それはそれで祝着ですけど。

 

「いつ来てもおかしくない」

というのは事実なので

油断はできませんしね~。

 

 

災害の備えという点では

先月も書きましたが

 

災害時に底の薄い底材の靴で

外を出歩くと

 

ガラスの破片や危険物が

底を貫いて足の裏を傷つけるので

NGです。

 

また、サンダルなども

皮膚むき出しをしたときの危険は

通常時の何倍もありますので

NGです。

 

また、ゴム底の場合

 

火が周りでついてしまい

熱いコンクリの上を歩く

なんてことがあったりすると

 

その場合も熱で底材が

溶けたりして足の裏むき出しとなり

やはり足裏にけがをする恐れが

あります。

 

足裏をやられたら

一瞬で歩けなくなりますから

そうなるとかなりヤバい状況です。

 

じつは911の時も

高層階から逃げ出すときに

 

スニーカーを履いていた人は

途中でリタイアしてしまい

ビル全体が崩れたときに

巻き添えになったという話も

あります。

 

じゃあ、どんな底材が良いかというと

革底だったりします。

 

 

これは、911の際にWTCビルにいて

高層階から逃げのびた

日本人銀行マンの実例があるので

かなり確かな情報です。

 

もしくは圧縮度の高い

硬い強化ゴムの底材とか

 

とにかく歩きやすいスニーカーではなく

頑丈さを最大限考慮して

用意しておいてください。

 

靴は非常時には

足を守る防具だというつもりで

いてくださいね。

 

では、また明日!

 

TED

 

リーガルシューズ 岡崎店

住所 愛知県岡崎市本町通1-10
mapを見る
営業時間 午前10:00〜午後7:30
定休日 水曜日
HP moonlight-regal.com

コメントを残す

           

リーガルシューズ岡崎店
伝説の店長

                               
名前尾崎 正紀
住まい愛知県

Profile

リーガルシューズのFC本部という部署で スーパーバイザーという店舗管理を14年行う。 赤字で撤退するお店を黒字化などの功績を残す。

ある時、後継者がいないという理由で 岡崎店を閉めたいという話があり 紆余曲折の後、私がオーナーになる事を決意し、 リーガル本社を退社。

岡崎店では、 顧客関係指数10年連続1位を獲得し 伝説の店長になる

詳しく読む
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss