伝説の店長が教える仕事で出世する靴
リーガルシューズ岡崎店

良い物の「本質」を理解してくれるお客様のおかげです。


はい!こんにちは!

TED尾崎です。

 

北川タケシさんのうつわ展は

昨日無事に終了いたしました。

 

ご来場及びお買い上げいただいた皆様

ありがとうございました!

 

 

また差し入れを頂いたO様や

いろいろコメントを頂きました皆様に

北川さんは大変喜んでおりました。

 

来年もまた開催いたしますね!

 

 

リーガルって

実は150年続く会社で

 

明治3年に開業した

日本初の靴メーカーである

伊勢勝造靴場の

流れを受けています。

 

ぞうりやわらじの時代から

靴の時代に一気に変わった

その当時に最先端にいた会社です。

 

それから150年経った今

革靴業界は

かなり厳しい時代を迎えています。

 

 

これは令和2年の

経済産業省の資料なんですけど

2017年までの過去30年の間に

革靴の出荷額は80%ダウンしています。

 

80%になっているのではなくて

80%ダウン!

つまり残りはたったの2割です。

 

さらにコロナで

この2年はもっと大幅に下がっている

ことが予想されます。

下手すりゃ90%ダウンくらい…

 

つまりはもう業界として

行き詰まってしまっているのは

客観的に見て十分理解できます。

 

ちなみに革靴がダウンしている分は

スニーカーが吸収しています。

 

その中ではまだ

リーガルは頑張っている方だと

思います。

 

それは「良いものは良い」

ということを

知っている人が多いからではないか

と感じています。

 

リーガルを売っている側の

現場のひいき目ではありますが

 

リーガルには

未だにブランドとしての安心感がある

と感じています。

 

 

それは作っている側の

「本気でいいものを作ろう」

というプライドを

お客様が敏感に感じ取ってくれている

結果だと思うのですね。

 

まあ、売り方は下手ですけど

作る方は信念があります。

 

先日来店されたお客様で

 

「ここのところ

安い靴に浮気をしていたけど

 

やっぱり履き心地とか靴の見栄え的に

リーガルがいいんだよなあ。

 

あと1万円くらいの靴は

半年でダメになるので

長い目で見たら

結局リーガルが得だとわかった」

 

と言われて

靴を買っていかれた方が

いらっしゃいました。

 

 

嬉しいことを言われるじゃないですか。

 

 

そうなんです

見た目だけじゃないんです。

 

革靴は履いている人の健康までも

左右する可能性があるだけに

お金をかけるだけの意味があるのです。

 

そんなお客様をがっかりさせたくないので

売上は厳しいですけど

これからも頑張っていきますね!

 

では、また明日!

 

TED

リーガルシューズ 岡崎店

住所 愛知県岡崎市本町通1-10
mapを見る
営業時間 午前10:00〜午後7:30
定休日 水曜日
HP moonlight-regal.com

コメントを残す

           

リーガルシューズ岡崎店
伝説の店長

                               
名前尾崎 正紀
住まい愛知県

Profile

リーガルシューズのFC本部という部署で スーパーバイザーという店舗管理を14年行う。 赤字で撤退するお店を黒字化などの功績を残す。

ある時、後継者がいないという理由で 岡崎店を閉めたいという話があり 紆余曲折の後、私がオーナーになる事を決意し、 リーガル本社を退社。

岡崎店では、 顧客関係指数10年連続1位を獲得し 伝説の店長になる

詳しく読む
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss