伝説の店長が教える仕事で出世する靴
リーガルシューズ岡崎店

50年後に浮上したものとは?

おすすめ記事


はい!こんにちは!

TED尾崎です。

 

 

鳥取砂丘で

面白いものが出土したようです。

 

 

 

出土というと

「遺跡か!」

とか突っ込みたくなるのですが

 

砂の下から出てきたということは

確かに出土だなあ。

 

その翌日のツイートには

 

皆さんからの情報を総合すると

 

・1955年〜1970年のロゴ、

おそらく缶タイプの

ファンタ初代(1972年or73年頃)

で間違いなさそう

 

・長野〜西日本限定?

 

・やはり50年近く

砂に埋まっていたもの

 

のようです!

 

とあり

ファンタ公式から

1968年〜1974年製造の

大変貴重なもの

と連絡があったようです。

 

 

それが貴重かどうかは

ともかくとして

(いや、貴重なんでしょうけど)

 

50年間

砂に埋もれていたからなのか

ほぼ完全な状態で残っていた

というのがすごいなあ。

 

世界的には

砂漠化が大問題になっている中で

 

鳥取砂丘は

油断すると周りから

緑が進出してきて

 

そのため緑地化が問題になっていて

「砂漠を残そう」という

世界に反感を買いそうな運動が

起こっている

 

と何年か前に聞きましたが

本当ですか?

 

その話を聞いた時

日本は恵まれた国だなあと

想いました。

 

 

50年前というと

リーガルのど定番のプレーントゥが

ちょうど50年前に発売されました。

 

2504NA【紳士定番品】
リーガルシューズ岡崎店|紳士定番品〜今も昔も変わらないリーガルの定番品〜2504NA プレーントウ

ファンタグレープが

こんな缶の時代から

この靴はあるんですよね~。

 

70年代といったら

大阪万博の時代ですよ。

順調に行けば4年後に

またやるみたいですけど。

 

5年後には大阪万博といえば

「こんにちは~」の方は

忘れ去られています。

 

それはいいとして

 

上のプレーントゥの靴は

平成生まれの人たちには

「古っる~~」と

言われるかと思ったら

 

最近は一周回って

またかっこいいと

言われるように

なってきています。

 

 

 

その前まで(60年代前半頃)

日本中の靴が尖っていた時代を

終わらせたのがリーガルです。

 

リーガルが日本で出た最初の年は

全く売れずに

「そんな丸い靴は売れるわけがない」

と言われたのだそうです。

 

その後色々あって

 

VANと組んで

 

それまでの常識では考えられなかった

メンズショップで売り出してから

 

リーガルのステータスが決まった

と言われています。

 

リーガルは

実は最先端のイノベーション企業

だったのです。

 

その結果50年間続く

定番の靴ができたのです。

 

 

 

さて50年前の

ファンタが地表に現れた今年

 

リーガルも

新たなイノベーションを

起こせるのか。

 

というか

起こさないといけないでしょ。

 

ぜひ期待とともに

見守ってくださいね。

 

ではまた明日!

 

TED

 

 

 

リーガルシューズ 岡崎店

住所 愛知県岡崎市本町通1-10
mapを見る
営業時間 午前10:00〜午後7:30
定休日 水曜日
HP moonlight-regal.com

この記事へのコメント

  1. くっく君 より:

    佐藤可士和のデザインがもてはやされておりますが、ベネフィット的に言えば、炭酸のブルーとぶどうのパープルが上手く調和した空き缶だと思います。当時に自動販売機があったかどうかわかりませんが、一目でファンタグレープとわかるデザインは素晴らしいと思います。「わかりやすさ・買いやすさ」と「ファッション性・おしゃれ」は必ずとも同居しないと思います。「履きやすさ」を如何に視覚化できれば面白いと感じました。

    1. moonlight0142 より:

      >「わかりやすさ・買いやすさ」と「ファッション性・おしゃれ」は必ずとも同居しないと思います。
      確かに、某何十万とするレディースのピンヒールなんかは「わかりやすさ、履きやすさ」とは対極に位置しますが、売れていますもんねえ。
      履きやすさかあ。足の形が多様すぎてなかなか納得の行く視覚化は難しいでしょうね。

コメントを残す

           

リーガルシューズ岡崎店
伝説の店長

                               
名前尾崎 正紀
住まい愛知県

Profile

リーガルシューズのFC本部という部署で スーパーバイザーという店舗管理を14年行う。 赤字で撤退するお店を黒字化などの功績を残す。

ある時、後継者がいないという理由で 岡崎店を閉めたいという話があり 紆余曲折の後、私がオーナーになる事を決意し、 リーガル本社を退社。

岡崎店では、 顧客関係指数10年連続1位を獲得し 伝説の店長になる

詳しく読む
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss