伝説の店長が教える仕事で出世する靴
リーガルシューズ岡崎店

私が新しいお店を始める理由

おすすめ記事


はい!こんにちは!

TED尾崎です。

 

僕は人が楽しんだり

おもしろがったりするのが好きだし

楽しませたり

おもしろがらせたりしたい

と思うのですが

 

そうじゃないときも少なからずあり

なかなか難しいものだなあと

おもうわけです。

 

 

今日はちょっと昔話をしますが

 

その原点というのは

ユースホステルだったりします。

 

ユースホステルというとよく

「ユースホテル?」などと

聞き返されたりしますが

 

宿泊施設という意味では

そう思われるのも無理がないかな。

 

語源は詳しくはしりませんが

おそらくどちらもホスピタルから

来ているのではないかと思うけど

 

まあ、それは別の話で。

 

 

 

ユースホステルはもとはドイツの

青少年の野外活動のための宿泊施設

だったと聞いています。

 

今はあまり聞くことのなくなってしまった

ユースホステルは

 

僕が10代20代の頃はまだ

若い人のための宿泊施設として

けっこう認識されている最後の世代でした。

 

普通の宿泊施設と違うのは

男女別8人同室というもので

いわゆるドミトリー形式。

 

(今は個室も増えているけど)

 

 

そして安い。

1泊2食で3000円くらい(当時)

 

8人部屋なので当然同室の人とは

いろいろ話もするし

 

夜はミーティングと称して

ゲームをしたり歌を歌ったり

話をしたり観光案内をしたり

 

何かしら誰かと仲良くなって

翌日一緒に行動したりして

それが楽しくて旅に出るようなものでした。

 

僕にとって旅というのは

 

見知らぬ街で

見知らぬ人たちと話をして

食べたことのないものを食べ

初めて見るものを見る

そういうものでした。

 

いつも刺激的で

出会いがあって

そして皆で楽しむ

 

そんなユースホステルに

中学時代に初めて泊まってから

おそらく300泊くらいはしていました。

 

また、ヘルパーというお手伝いも

させていただいて

大学時代はアメリカ・カナダの

ユースホステルを泊まり歩きました。

 

 

だいたい見知らぬ人がいても

旅という目的の中では

すぐに仲良くなって

1時間後には明日どこ行く?

みたいな話になっていました。

 

今の私の人格の一部は

ユースホステルを使う旅で

作られたのは間違いありません。

 

社会人になって

人間関係は

そんなに簡単なものではないと

気が付きました。

 

ただユースホステルのような

利害は関係なく

皆が楽しめる場を作りたい

という想いはずっとあり続け

 

ユースホステルじゃないけれど

そういう場を作る機会を

今回与えられたのです。

 

それがこの秋にオープンする

厳選屋なのです。

 

 

続きはまた。

 

TED

 

 

 

リーガルシューズ 岡崎店

住所 愛知県岡崎市本町通1-10
mapを見る
営業時間 午前10:00〜午後7:30
定休日 水曜日
HP moonlight-regal.com

コメントを残す

           

リーガルシューズ岡崎店
伝説の店長

                               
名前尾崎 正紀
住まい愛知県

Profile

リーガルシューズのFC本部という部署で スーパーバイザーという店舗管理を14年行う。 赤字で撤退するお店を黒字化などの功績を残す。

ある時、後継者がいないという理由で 岡崎店を閉めたいという話があり 紆余曲折の後、私がオーナーになる事を決意し、 リーガル本社を退社。

岡崎店では、 顧客関係指数10年連続1位を獲得し 伝説の店長になる

詳しく読む
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss