伝説の店長が教える仕事で出世する靴
リーガルシューズ岡崎店

僕の不安の解消法は…

おすすめ記事


はい!こんにちは!

TED尾崎です。

 

17日朝に

中日新聞さんの三河版に掲載されました。

 

 

今回も中部経済新聞さんに引き続き

大きめの取り扱いをしていただいて

ありがたい限りです。

 

今回も私のとりとめのない話を

よくぞここまでまとめていただいた

という感じです。

さすが新聞記者さん!

 

今回も反響が大きくて

いろいろな方からお声掛けを

していただいております。

ありがとうございます。

 

 

僕一人では小さな力でしか

ありませんが

多くの方に見ていただいている

というのがとてもうれしく思うし

心強く思います。

 

これだけ反響が大きいと

プレッシャーと言うか

不安も無いわけではないですが

 

不安の解消法なんて

ひとつしかなくて

 

 

その不安に真正面から

取り組むしかないんです。

 

不安から逃げても

その不安は追いかけてくるか

もっと別の不安に

かられるだけなわけで。

 

まあつまりやるしかない!

 

 

その不安というのは

「何かを失うことの怖さ」

から来ているわけで

 

お金だったり

愛情だったり

物だったり

時間だったり

健康だったり

信用だったり

 

とにかく

何かを失う可能性があるから

不安になるわけで

 

 

「ハングリーな人が強い」

というのは

 

失うものがないから

 

もしくは

 

すべてを失っても構わない

と思っているから

 

とも言えるわけです。

 

 

僕が不安だと思っているのは

 

何かを失うことが怖い

 

ということの証拠でもあり

 

でもまあ大抵の場合

 

失うことを気にしていたら

得られるものがなくなる

 

というのも事実だと思うのです。

 

これは他の

 

「何かをやりたいけど踏み出せない」

というほとんどの人にもいえること

なのではないかと思うのですが

 

今の自分の置かれている立場や

お金や土地や車やモノなどを

失いたくないから

動けないでいるのですよね。

 

 

だからね

 

一つ一つ手放しても良いものから

自分から失っていけばよいのです。

(つまり手放すということですね)

 

例えば、テレビや本や漫画や

余計な小物や

いらないなあと思うものを

捨てることから始めると

 

 

案外失っても良いものばかり

だと気がつくのではないかと

思います。

 

引っ越しとかすると良いですよね。

 

不要なものを強制的に

ばんばん捨てるから。

 

そうなると

失うことへの恐怖が

だいぶ少なくなるから

 

なにか新しいことにチャレンジする気が

起きてきます。

 

それが不安を消す方法です。

 

では、また明日!

 

TED

 

 

 

リーガルシューズ 岡崎店

住所 愛知県岡崎市本町通1-10
mapを見る
営業時間 午前10:00〜午後7:30
定休日 水曜日
HP moonlight-regal.com

コメントを残す

           

リーガルシューズ岡崎店
伝説の店長

                               
名前尾崎 正紀
住まい愛知県

Profile

リーガルシューズのFC本部という部署で スーパーバイザーという店舗管理を14年行う。 赤字で撤退するお店を黒字化などの功績を残す。

ある時、後継者がいないという理由で 岡崎店を閉めたいという話があり 紆余曲折の後、私がオーナーになる事を決意し、 リーガル本社を退社。

岡崎店では、 顧客関係指数10年連続1位を獲得し 伝説の店長になる

詳しく読む
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss