伝説の店長が教える仕事で出世する靴
リーガルシューズ岡崎店

私の持つビジョンと泥船

おすすめ記事


はい!こんにちは!

伝説の店長こと

TED尾崎です。

 

数日前の話ですが

車で広島に行きました。

 

片道6時間半くらいですか。

途中休憩もあるので、なんだかんだで

往復17~8時間は

車の中でした。

 

 

 

何をしに行ったかというと

 

「ブログの今後と分析」について

聞きに行ったのですが

 

いつの間にやら話が別の方向に進み

人生相談みたいな感じになりました。

 

詳しいことはこれから

別の形で出てきますが

 

お前はいつまで泥船に乗っているんじゃ!

と広島弁ですごまれたりして

なかなか手汗びっしょりな状況でした。

 

 

 

当たり前の話ですが

僕には僕の理想があり

 

それを理念というのか

ビジョンというのか

まあいろいろな言い方がありますが

 

最終的にかくありたい

みたいなものはあります。

 

それも複数。

 

そのうちの一つが

 

カントリースタイルの

オールドアメリカンな

ライフスタイルを

世の中に広めたいというのが

あるのですね。

 

今の分裂と対立な

アメリカじゃないですよ。

 

どちらかというと

静かで余裕に満ちた

生き方をする提案

がしたいのです。

 

 

私にとって

それを体現するアイテムの一つが

リーガルなのです。

 

私が求めてやまず

 

さらに経営者として

提案したい生き方の一つが

リーガルを履くことなんですね。

 

 

 

もう一つある私の理想は

その世界観を宿の形で

提案したいというものです。

 

そこに行くと

ゆったりと余裕のある時間を

過ごすことができて

 

そこで価値観の合う

いろいろな人と

集い語らう場

 

それを子供から大人まで

過ごせるようにする

そんな理想の場所です。

 

 

私は中学生のころから

一人旅が好きで

 

高校になってからは

ユースホステルを泊まり歩いて

いろんな世代の人と話をしてきました。

 

いわば行きずりの人との一晩の語らい

(というと一気にいやらしくなりますが)

が、自分の人生に与えた影響は

計り知れないものがあると考えています。

 

 

10代のうちから

多様な価値観に触れることの重大さ

今になって実感しています。

 

そういう場に育った自分としては

そういう場を作りたいな

と思ってしまうのです。

 

 

 

大学を卒業するとき

 

ワーキングホリデーで

アメリカに行ってみるか

 

就職(リーガル)をするのか

迷ったりもしましたが

 

リーガルを取りました。

 

リーガルでは

楽しく思うように

仕事をさせてもらったと

考えていますので

後悔はしていません。

 

今でもあの時アメリカに行っていたら

どうなっていたか考えなくもないですが

 

おそらくどっちをとっても

後悔はしなかったと思います。

 

 

ここ数年

 

リーガルの持つ世界観と

リーガル本社の提示するビジネスが

変化してきました。

 

何が正解かわかりません。

 

 

結果としてそれが

売上・利益に反映したとき

「変化の時が来ている」

感じたのです。

 

経営において

売上・利益は絶対の通信簿です。

それが思うようでないときは

変化せねばなりません。

 

 

ちなみにモノとしての

リーガルの価値は全く変わりません。

 

丈夫で長持ち

真剣にモノづくりに取り組み

クラフトマンシップを発揮している

良い靴のままです。

 

私はいまだに

そのリーガルを好きであり

安心してお客様に提案ができます。

 

 

 

そして冒頭の

いつまで泥船に乗っているつもりなんじゃ

 

に戻るわけですが

 

もし今、泥船に乗っているとしたら

 

この状況を変えるには

 

泥船から降りて

次の木の船を見つけるか

 

泥船を鉄の船に変えるべく

自分で行動するか

 

の二者択一になります。

 

 

一見簡単に見えて

より困難なのは後者の方ですが

 

好きな世界観を実現するために

いよいよ決めるときです。

 

 

いずれにせよこれは

私の覚悟の問題なんですけどね。

 

この話は

またいずれ。

 

では、また明日!

 

 

TED

リーガルシューズ 岡崎店

住所 愛知県岡崎市本町通1-10
mapを見る
営業時間 午前10:00〜午後7:30
定休日 水曜日
HP moonlight-regal.com

コメントを残す

           

リーガルシューズ岡崎店
伝説の店長

                               
名前尾崎 正紀
住まい愛知県

Profile

リーガルシューズのFC本部という部署で スーパーバイザーという店舗管理を14年行う。 赤字で撤退するお店を黒字化などの功績を残す。

ある時、後継者がいないという理由で 岡崎店を閉めたいという話があり 紆余曲折の後、私がオーナーになる事を決意し、 リーガル本社を退社。

岡崎店では、 顧客関係指数10年連続1位を獲得し 伝説の店長になる

詳しく読む
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss